キプリスの財布はどのシリーズを選ぶべき?迷った時に参考にしたい「革に着目した選び方」を伝授!

様々なシリーズ展開をしているキプリス。
いろんな革財布から好きなモノが選べるのは嬉しい反面、多すぎて選ぶのが面倒な側面もあります。
そこでこの記事では、シリーズ毎に採用されている革に着目し、それぞれのカンタンな特徴を解説していきます。

少し革の違い知るだけで、あなたの好みに合うシリーズがかなり見つけやすくなりますので、ぜひ参考にしてみてください。

まずは知っておきたい革の原料となる動物と特徴

<革の原料となる動物一覧>
ワニ革 超高級品。クロコダイルが主流。
リザード革 トカゲの革。耐水性はあるが牛革よりデリケート。
牛革 多くの財布に使われている。
部位や年齢、加工方法などで名前も質感も変化する。
馬革 体の革もあるが、お尻の硬い革「コードバン」の方が人気がある。
羊革 「テルヌーラ」シリーズで採用されている、かなりやわらかい革。
山羊革 牛革よりも弾力性のある革。
少し独特のにおいがある。
鹿革 「ディアスキン」シリーズで採用されている牛革よりもやわらかい革。

キプリスでは↑の表のように様々な動物の革が使われています。
そしてこの中で商品数が多く、よく採用されている革が「牛革」と「馬革」です。

ですので選ぶなら「牛革」or「馬革」の選択がベター。
なのですが…選ぶ革を「牛革」と「馬革」に絞っても、それだけではまだまだ種類が多く、選びきれないかと思います。
なのでさらに選びやすくするために、これから「牛革」「馬革」それぞれの種類と特徴について分かりやすくお伝えしていきます。
もしも解説の途中で「おっ!この革良さそう♪」となったら、青い文字からそのシリーズの革財布を見てみてください。

キプリスの牛革の種類について~それぞれの牛革の特徴を簡単に知ろう~

牛革は柔らかい革から硬い革までバリエーション豊富♪
特に革にこだわりがない時は、牛革のシリーズから選ぶと失敗することはありません。

やわらかめの牛革シリーズ

シワのある柔らかい革。
さらっとした手触りが心地良く、扱いやすさも◎。
ある程度の耐久性も備えている。

(価格帯:7,700円~27,500円)

WS000060

生後3ヶ月程度の仔牛の革を原料につくられた革。
かなり柔らかく傷が付きやすい反面、味も出やすい。

(価格帯:5,280円~17,600円)

革好きなら誰もが知っているタンナーのデュプイ社が製造する、独特のシワ模様が特徴的な革。
やわらかく重量も軽い。

(価格帯:13,200円~33,000円)

かための牛革シリーズ

機能性の高い「ポケウォレ」の外装に採用されているふわっとした質感の革。
実用性が重視された加工により、雨や汗に強くなっている。

(価格帯:11,000円~15,400円)

WS000067

伸び縮みに強く、しなやかで劣化しにくいレザー。
最高ライン「キプリスコレクション」でも採用されており、上品で美しい見た目が印象的。

(価格帯:8,800円~28,600円)

細かいツブ模様が型押しされた、耐久性のあるレザー。
ちなみに「ペルラネラ」は、革の名前ではなくシリーズ名です。

(価格帯:16,500円~37,400円)

WS000065

シラサギレザー

キプリスの人気No.1レザー。
シルキーキップよりも少し硬く、独特の色ムラが美しいのが特徴。
購入者からの評価も高い。

(価格帯:7,150円~31,900円)

牛が生きてきた証であるトラ(シワ)がそのまま活かされたワイルドなレザー。
ひとつひとつ模様が異なるので、できれば実物を見て選びたい。

(価格帯:9,240円~34,100円)

ブライドルレザー

ツルサラ質感の手触りがクセになる重厚感のあるレザー。
他の牛革に比べてとくに硬く、高い耐久性を誇る。

(価格帯:13,200円~44,000円)

マニアックな牛革シリーズ

ヌメ革に特殊な方法で漆(うるし)を塗ることで完成する、個性的なグラデーションが美しいレザー。
(URUSHIシリーズにて採用)

(価格帯:30,800円~72,600円)

カシューナッツ由来の合成樹脂塗料を革の表面に塗った、とても珍しいレザー。
他のシリーズにはない光沢感とハードなシワ模様が特徴。

(価格帯:12,100円~40,700円)

牛革でおすすめはコレ!

WS000065

シラサギレザー

キプリスの人気ランキングにてNo.1の座を獲得し続けている、ブランドを代表するレザー。
どの革にするか迷った時は、このシリーズを選んでおけば安全です。

キプリスのコードバンの種類について~馬のおしりの革は希少品~

WS000077農耕馬のおしりの革を原料に製造されるコードバンは硬くて丈夫。
強い光沢感が魅力で、所有者をワクワクさせる不思議な力があります。
しかし水に弱いという弱点があり、普通の牛革よりやや上級者向きな点も…。
「革のダイヤモンド」と呼ばれるほど希少性が高く、年々採れる量が減っていると噂れています。

オイルシェルコードバン

透明感のある美しい色味が特徴的な人気のレザー。
日本の有名革加工会社レーデルオガワがつくるこちらの「水染めコードバン」は、以下の3シリーズで採用されている。

ムラのない均一で綺麗な色の革。
「オイルシェルコードバン」との違いは革の硬さと色の付け方。
こちらの方が少し柔らかく、色付けは顔料で行われている。

(価格帯:5,500円~34,100円)

珍しい無染色のコードバン。
使い込むことで色が飴色に変化するエイジングが楽しめる。
革を美しく育てるのは難しいため、玄人向き。

(価格帯:19,800円~53,900円)

馬革でおすすめはコレ!

オイルシェルコードバン
&ヴァケッタレザー

革にこだわりたい方にオススメの組み合わせのシリーズ。
美しい「水染めコードバン」とナチュラルカラーのヴァケッタレザーの相性が良く、高級感も◎。
エイジングが楽しめる革なので、使えば使うほど愛着がわきます。

【キプリス】の関連記事&よく一緒に検討されるブランドの記事

当記事作成にあたり参考にさせていただいたサイト様

その他の記事


コメントを残す