コードバンとかカーフとかよく分からない…。革から選ぶキプリスの財布

この記事では、コードバンやカーフなどキプリスで財布に
使われている革の違いや特徴を載せています。
これらをヒントにあなたにピッタリな財布を探してみましょう!

 

キプリスで主に使われてる革一覧

ワニ革 超高級品。クロコダイルが主流。
リザード革 トカゲの革。牛革などよりデリケート。
牛革 多くの財布に使われている。部位や牛の年齢などで、名前と質感が変化する。
馬革 馬のお尻の革であるコードバンが主流。
鹿革 キプリスではディアスキンシリーズで採用されている。マニアック。
羊革 チャールズヒルシリーズで採用。柔らかいが耐久性はイマイチ。

キプリスで取り扱われている革の種類は、
だいたい上の表のような感じです。
(もっと詳しく知りたい場合は、公式サイトにて解説されています。
この中で、商品数が多く、よく使われている革は「牛革」と「馬革」です。

というわけで、選ぶなら「牛革」or「馬革」という選択がベターなのですが、
「牛革と馬革どっちがイイの?」という疑問を持たれたと思います。
実はこれは、かなり難しい質問で、
本当に「あなたの好みによります。」としか言えません。
それぞれの特徴を簡単にまとめておきますので、
「どっちに魅力を感じるか?」
という視点で、決めるといい財布に出会えると思います。
もし、「おっ!この革良さそう♪」となったら
【青い文字】をクリックするとそのシリーズが見られるようになっています。

キプリスの牛革の種類について~それぞれの牛革の特徴を簡単に知ろう~

WS000076牛革は柔らかい革から硬い革まで
バリエーション豊富♪
特に革にこだわりがない時は、
牛革のシリーズから選ぶと
失敗することはないでしょう。

 

WS000060レーニアカーフ
→生後3ヶ月程度の仔牛の革を使用しており、
 傷が付きやすい分、味も出やすい。
 革の質感はやわらかい。

※「菊寄せ」などの職人技が光るレーニアカーフコレクションがある。
 内側の革が羊革が採用し、高級感が増している。
 価格は約2倍ぐらいするが、その分、財布の質は明らかに上質。

 

WS000061リプルカーフ
→通常シボ(シワ)模様は型押しという手法で付けられるが、
 このシリーズは職人の手揉みによって付けられている。
 これによりナチュラルな質感がアップ。革質は柔らかい。

 

WS000067ボックスカーフ
→伸び縮みに強く、しなやかで劣化しにくいのが特徴の革。
 キプリスコレクションで採用されており、この上質な革と
 キプリスの技術の組み合わせは、芸術的な財布を生み出す。

 

WS000063シルキーキップ
→カーフより厚めで、手触りが柔らかく気持ちいい革。
 この革を使ったキプリスのハニーセルという財布は
 カード収納が抜群で大人気商品となっている。

 

WS000064ブライドルレザー
→セドウィック社という有名な革会社の革を使用しており、
 内側には経年変化するヌメ革を採用。使い始めはブルームと
 呼ばれる白い粉が付いているが、使っているうちにとれ、
 光沢を放つ。革質は割と硬めで丈夫。

 

WS000065シラサギレザー
→オランダ産の皮を輸入し、その後、日本で加工された革。
 個性的な色ムラのある表情を見せ、質は硬め。
 このシリーズでは、「菊寄せ」が採用された財布もある。

 

WS000066ルーガショルダー
→フランス生まれ、ベルギー加工の厳選された革。
 トラと呼ばれるシワ模様が特徴的で、味を引き立てる。
 革質はやや硬く、光沢がある質感となっている。

 

主な牛革だけでもこれだけの種類があるので、
選ぶのが大変ですが、色の感じや質感で選ぶと選びやすいと思います。
たとえば、「とにかく丈夫で、硬めの革の財布が欲しい。」
という時は【ブライドルレザー】がピッタリな財布となります。
ちなみに、最近人気があるのは【シラサギレザー×ハニーセル】の
カードの収納力がある財布です。


PR

・キプリスのコードバンの種類について~馬のおしりの革は希少品~

WS000077

馬のおしりの革であるコードバンは
硬くて丈夫。鮮やかな光沢が魅力で、
コアなファンも多い。
水に弱いという弱点があり、
普通の牛革よりやや上級者向き。
近年希少化がさらに進んでいる。

 

WS000070ホーウィン社製コードバン
→高品質で有名なアメリカの会社製のコードバン。
 キプリスコレクションから販売されており、
 キプリスの中でも最高級レベルの財布として君臨する。

 

WS000068新コードバン
→耐久力は牛革より2倍高いが、水に弱い性質があるので、
 取り扱いに注意が必要。通常のコードバンより
 若干柔らかく、少しだけ光沢を抑えて仕上げられた馬革。

 

WS000069オイルシェルコードバン
→新コードバンよりオイルが染みている分、光沢がある。
 キプリスではこのコードバンを基本に、
 様々な牛革を張り合わせたラインナップがある。

 

WS000071ナチュラルコードバン
→人工的な色を加えられていないコードバンで、
 自然な色合いと、革を育てる楽しさがあるシリーズ。
 人気があるため、売り切れの場合が多いのが残念なところ。

 

以上が、希少な馬のおしりの革を使ったシリーズとなります。
もし、どれがいいのか迷った場合には、
【オイルシェルコードバン】シリーズがキプリスのコードバンの中で、
一番扱いやすく、初めてのコードバンという方にオススメです。

といっても、【オイルシェルコードバン】×【牛側orコードバン】から
選ぶ必要があるのがちょっと大変なところですが・・・。
というワケで、簡単な雰囲気を載せておくので、
あなたが求めている財布と近いシリーズを選らんでみてくださいネ。

▶シンプルな大人の雰囲気と高級感を求めている。
 ⇒【コードバン×コードバン】のアンフィニシリーズ。

▶内側と外側で違った革の表情を楽しみたい。&
 おしゃれな雰囲気を演出したい。
 ⇒【コードバン×シラサギレザー】のシリーズ。

▶スタンダードな使いやすさと見た目を求めている。
 ⇒【コードバン×ベジタブルタンニン】シリーズ。
 公式ページにケツポケでも型崩れしにくいと記載されているため、
 もしケツポケして使うならこのシリーズがイチオシ。

(※ケツポケ・・・おしりのポケットに入れて財布を使用すること)

 

関連記事⇒オススメから選ぶ♪キプリスの財布はコレに決まり!


PR

オススメ財布探しメニュ-