衝撃の新作【ベテルギウス】シリーズ!リアルな質感と独自の3段階評価をお伝えします。

ベテルギウスシリーズ TOP用オリジナル写真
~【ベテルギウス】シリーズ~


ココマイスターが2019年6月に発表した新作。
男心をくすぐるヴィンテージモダンなこのシリーズは、いったいどんな革製品に仕上がっているのでしょうか?
独自の実物写真と共に深堀りしていきます。

どんなシリーズ?コンセプトと外装レザーのリアルな質感とは?

これまでの【COCOMEISTER】製品とは一線画す、異色の新シリーズ。
それが刺激的なレザーが外装に採用された【ベテルギウス】シリーズです。ベテルギウスシリーズ 公式画像編集1ココマイスターのデザイナー兼アーティストであるY.HAYASHI氏が、超巨星ベテルギウスからインスピレーションを受けて誕生させたという当シリーズ。
『ストリートカクテルStyle』をコンセプトに、いつものココマイスター製品とは異なる、遊び心を取り入れた革製品に仕上がっています。ベテルギウスシリーズ コンセプト画像なお『ストリートカクテルStyle』とは、自由な創造性を表現する「ストリートスタイル」と、豪華で華やかな世界を表現する「カクテルスタイル」の2つを融合させた造語。
そこにはY.HAYASHI氏が表現する独自の世界観が反映されています。

さてここからは【ベテルギウス】シリーズの最大のポイント、外装の「ハワード・ボルケーノレザー」の特徴を深掘りしていきます。ハワード・ボルケーノレザー 拡大写真イタリア伝統の「バケッタ製法」
じっくり時間をかけて皮を革に変化させた後、たっぷりのオイルを革の芯まで染みこませる皮革製造方法の一種です。
「ハワード・ボルケーノレザー」はこの伝統製法の中でも珍しい、18世紀頃の古典的レシピで製造されています。

気になるその特性は、一般的レシピの「バケッタ製法」で作られたレザーと同じく丈夫で耐久性があり、経年変化が楽しめる点。
そして古典的レシピだからこそ実現した個性的な表情と、ヴィンテージな雰囲気が楽しめる点です。

実際に実物を手にしてみると、その特性通り革の表情はカナリ個性的。
見る場所によって模様が異なり、色味の濃さもかなりランダムで、同じ財布でも表と裏でこれだけ違っています↓

ベテルギウス バイエルウォレット 外装 表側&裏側の写真(PC用)
ベテルギウス バイエルウォレット 外装 表側の写真(スマホ用)ベテルギウス バイエルウォレット 外装 裏側の写真(スマホ用)

見比べていただくと、【表】の方が全体的に黒の色味が強いのがお分かりいただけるかと思います。
そして通常のレザーでは感じられない、ヴィンテージな雰囲気も感じられるかと思います。

「汚れているようにしか見えない」
もしかすると写真だけでは、そんな残念な感想をお持ちになれたかもしれません。
ですが実物は、アンティーク家具のような色ムラが美しい、写真では伝わりきらない芸術的なレザーとなっています。

ハワード・ボルケーノレザーの手触りを伝える写真「ハワード・ボルケーノレザー」の気になる手触りは、これまでに出会ったことのない質感で、まさに不思議そのもの。
「コードバン」のようにツルツルでもなければ、「ブライドルレザー」のようにツルサラでもありません。
また「マットーネ」のようにモッチリでもなければ、「カーフレザー」のようにシットリしているわけでもありません。

ではどんな手触りなのかというと…?
基本的にサラっとした手ざわりだけど、なんとなくモサモサしているような、そんな言葉では表現できない不思議な手触りです。
もちろん悪い手触りではないので、「触わると気分を害する」なんてことはありません。
ご安心くださいませ。

ハワード・ボルケーノレザーの硬さを伝える写真硬さはそれほどなく、握ってみると適度なハリと、ほどよい弾力が感じられます。
見た目以上に重厚感があるので、手にした瞬間は良い意味で驚かされるかもしれません。
弱々しく頼りない。
そんな安っぽいレザーとは雲泥の差があり、持つだけ明らかな革質の良さが実感できます。

そして匂いは一般的な牛革の匂いに、ほんのり緑茶とよもぎをプラスしたようなミステリアスな香り。ハワード・ボルケーノレザーの匂いを伝える写真キツイ匂いがするのでは?
と心配になられるかもしれませんが、その点は大丈夫です。
匂いの強さは、レザーに鼻を近づけるとふわっと香るぐらいです。

以上が【ベテルギウス】シリーズ最大のポイント「ハワード・ボルケーノレザー」の特徴となります。
長くなりましたので、表にまとめておきます。

ハワード・ボルケーノレザー 特徴まとめ用の写真

製法 バケッタ製法(18世紀頃の古典的レシピ)
特徴 丈夫で、経年変化も楽しめる。
個性的な表情とヴィンテージ感が魅力。
手触り サラサラだけど少しモソモソ。
硬さ 程よいハリと弾力。
匂い レザー+ちょっと緑茶&よもぎ

このレザーを採用したシリーズ一覧へ⇒

仕上がり具合はどう?独自視点で【ベテルギウス】シリーズを3段階評価。

ベテルギウスシリーズ 3段階評価のTOP用写真

魅力
平均
弱点

魅力
平均
弱点

ここでは【ベテルギウス】シリーズ製品の1つ、『バイエルウォレット』の実物を参考に、上の3段階で評価していきます。
実際に手にしたからこそ分かる、公式サイトには書かれていない弱点も隠さずお伝えいたします。

内装に採用されている「アマンデルレザー」が上品かつ上質

アマンデルレザーのオリジナル写真【ベテルギウス】シリーズの内装に採用されているのは、ベルギー産の最高級皮革「アマンデルレザー」です。
このレザーはベルギーの老舗タンナーが生産しているモノで、【COCOMEISTER】が5年の時をかけてようやく入手することに成功したそうです。

そんな入手難度の高いこのレザーの魅力は、 やはりその上品かつ上質な雰囲気。アマンデルレザーとヌメ革の雰囲気を比較する写真上のように【ブライドル】シリーズなどで採用されている「ヌメ革」と見比べていただくと、その雰囲気の違いがお分かりいただけるかと思います。

「いや、色が違うことしか分からない」
といった方もいらっしゃるかもしれませんので、念のためにアップ写真もご用意いたしました。
それぞれのレザー放つ雰囲気の違いを、じっくり比較してみてください。アマンデルレザーのアップ写真ヌメ革のアップ写真どうでしょうか?
好みの差はあれど、上品かつ上質な雰囲気は「アマンデルレザー」の方が上であるということは、お伝えできたかと思います。
ちなみにこの「アマンデルレザー」は、【COCOMEISTER】が採用している内装レザーの中でもTOPレベルに高級感があり、その質感良さは海外ハイブランドが採用しているレザーにも匹敵します。

補足:「アマンデルレザー」のリアルな質感は?

ここでは実際に「アマンデルレザー」の手にした時に感じた、「手触り・硬さ・匂い」の3つの感覚的な部分をお伝えいたします。アマンデルレザーのリアルな質感を伝えるための写真まずは手触りについて。
「アマンデルレザー」の手触りはサラサラしており、先ほどご紹介した「ヌメ革」と似ています。
しかし似たようなサラサラ具合でも、「アマンデルレザー」の方が高級感のある質感となっています。
手触りは似ているのに質感は違う、なんとも不思議な感じです。

次に硬さについてですが、こちらも「ヌメ革」と比較してみます。
すると「アマンデルレザー」の方がやわらかい質感なのが分かります。アマンデルレザーの硬さを伝えるための写真では、どの程度やわらかいのかというと…?
フニャフニャでもなく、カチカチでもない。
ちょうど使いやすいレベルのやわらかさです。
そのため「使いはじめカード入れが硬く、取り出しづらい」といった、他シリーズなどで悪い評価の原因となっている問題が起こりにくくなっています。アマンデルレザーの匂いを伝えるための写真最後に匂いについて。
こちらは本格革財布独特のレザーの香りがします。
もちろん鼻にツンとくる嫌な感じはなく、匂いの強さも弱めなので、使っていて気分を害することはありません。

以上が「アマンデルレザー」の感覚的な部分「手触り・硬さ・匂い」についてのリアルな質感となります。
ちなみに2019年現在、「ヌメ革」より上質な「アマンデルレザー」が内装に採用されているシリーズは、アマンデルレザーが採用されているシリーズ ポンテマットーネ コードバンクラシックの公式写真編集画像上の【ポンテマットーネ】と【コードバンクラシック】。
そしてのこの【ベテルギウス】の3シリーズのみとなっています。

「アマンデルレザー」にへこみが付きやすい

まずは↓の写真をご覧ください。アマンデルレザーの弱点 へこみを伝えるための写真すると、いくつかへこみが付いているのがお分かりいただけるかと思います。
これは後でご紹介する「小銭入れの引き手」によって付いたへこみで、残念なことに指で揉み込んでも消えません。
へこみが付いたら、一生そのままです。
この点が【ベテルギウス】シリーズの弱点となります。

といっても、革がへこんでしまう現象は「アマンデルレザー」だけに起こるものではありません。
「型押し」などの特殊な加工がされていないレザーであれば、必ず起こる現象です。
ですので革に付くへこみがどうしても許せない場合は、カヴァレオの公式画像(キズやへこみに強いシリーズを紹介)上の【カヴァレオ】シリーズのような特殊な加工がなされた財布や、他ブランドの耐久性の高い財布を選ばれることをオススメいたします。

ブランドオリジナルの引き手が格好良い

「大人のモダンな格好良さを演出している」
【COCOMEISTER】公式サイトの説明にそう書かれているブランドオリジナルの引き手。COCOMEISTERのブランド刻印引き手 アップ写真当シリーズ限定カラーの「ダークグレーエナメル」が流し込まれており、ご覧のように格好良く、品のある仕上がりとなっています。
引き手を持ってみると、丁度よい重さが感じられ、ファスナーの開け閉めもスムーズ。
使いやすさが考えられた設計であるのが分かります。

次にこの引き手の裏側を見てみます。
すると表側と同じ【COCOMEISTER】の刻印ではなく、「4つの溝」が彫られたデザインが採用されているのが分かります。COCOMEISTERのブランド刻印引き手 裏側アップ写真「4つの溝」にどんな意味が込められているのかは不明ですが、模様の効果で立体感が演出され、ちょっぴりお洒落な雰囲気に。
意外にも指で触った感じではほとんど凹凸感はなく、触り心地の良い滑らかな感触です。

そしてもう一つの格好良い引き手が「小銭入れ」部分。ココマイスターオリジナル小銭入れの引き手 アップ写真鍵穴をイメージしたというデザイン、そしてブランドロゴの刻印は、日本製ハイエンド革製品ブランドらしいラグジュアリー感のある仕上がりとなっています。
多くのシリーズで採用されている「YKK」と書かれた金色ファスナーを比較すると、それがお分かりいただけるかと思います。従来のシリーズに採用されている 「YKK」の引き手アップ写真「小銭入れ」の引き手の裏ですが、こちらは【COCOMEISTER】の刻印が入ったファスナーとは異なり、プレーンなデザインとなっています。
手に持った質感はツルっとしており、従来の金色ファスナーよりも横幅が広がった分、開け閉めもしやすいです。ココマイスターオリジナル小銭入れの引き手 裏側アップ写真以上が【ベテルギウス】シリーズに採用されている「ブランドオリジナルの引き手」の詳細となります。
ご覧いたきましたように格好良い引き手ではあるのですが、実は弱点もあります。

オリジナル引き手に指紋が結構付く…

【COCOMEISTER】オリジナル引き手の弱点とは、指紋が付着しやすいことです。
下の写真をご覧ください。COCOMEISTERのブランド刻印引き手 弱点の「指紋が付く」ことを伝えるための写真こちらはあえてベットリ指紋を付けた時の写真なのですが、やはり使っていくうちに指紋が付くことは避けられません。
この点が高級感を重点に置き、以前の「革の引き手」から「金属の引き手」に変更した代償です。

もちろん「革の引き手」なら、指紋が付く心配ナシで気楽に使用できます。
しかし高級感が少し劣ります。
逆に「金属の引き手」なら、高級感を実感しながら使用できます。
しかし指紋が少し気になります。革の引き手と金属の引き手を並べた写真さて革と金属。
あなたはどちらが好みですか?
私はたとえ指紋が付いたとしても、高級感のある金属の方が好みです。

エイジングでロゴが溶け込む演出が面白い

ベテルギウス エイジング写真(0ヶ月目)使いはじめは、上の写真のようにシッカリと刻印されたシリーズロゴ。
しかしエイジングすることにより…ベテルギウス エイジング写真(8ヶ月目) 公式サイトよりこのようにロゴが溶け込むそうです。
この演出の面白さが【ベテルギウス】シリーズの魅力の1つです。
なおシリーズロゴの刻印が溶け込む現象を【COCOMEISTER】はこんな風に表現しています。

その一体感は、自由で開放される感情を表現しており、日々を生きる活力にしてくれる。

本当に日々を生きる活力にしてくれるかは分かりませんが、変化する様子を楽しみに生きられるのは間違いありません。

個体差が激しい

個体差は、生き物の皮を原料とする本格革財布の付き物。
しかし【ベテルギウス】シリーズの個体差に限っては、想像の範囲を越える可能性があります。
下の写真をご覧ください。クラストカラーの個体差を伝える画像これは公式サイトからお借りした写真で、すべて同じ色の「クラスト」です。
ご覧のように、同じ色でも明らかに濃淡や模様が違っています。
「斑点、横向きの直線、斜め向きの直線、ワンポイントの筋…」など、比べれば比べるほど個体差があるのが分かります。

この個体差について「イメージと違うことがあるからダメ」とマイナスに考える方。
「世界に1つとして同じものがなくて嬉しい」とプラスに考える方。
それぞれいらっしゃります。
あなたはこのシリーズの個体差について、どう思われますか?スコーチングカラーの個体差を伝える画像もし許容範囲を超えていらっしゃるのなら、【ベテルギウス】シリーズは選ばない方がいいと思います。
イメージとの落差にがっかりする恐れがあります。
それとは反対に「個性のひとつ」として許せるのでしたら、【ベテルギウス】シリーズはおすすめできます。
きっとあなたのお眼鏡にかなう財布に出会えます。

ちなみに購入前に『ココクラブ』という会員サービスに入会しておけば、通販でイメージと違い過ぎる個体が届いたとしても、無料で返品も交換もしてもらえます。
なので過度に心配しなくても大丈夫。
実店舗に行けなくても、安心して入手できる仕組みが整っています。

購入前の【ココクラブの入会方法】

1.『カートに入れる』ボタンを押す購入前のココクラブ入会方法の解説その1

2.『ご購入手続き』ボタンを押す購入前のココクラブ入会方法の解説その2

3.『ココクラブ』に入会して購入する』ボタンを押す購入前のココクラブ入会方法の解説その3(PC用)

(次のページからスマホ専用ページに変わり、画面が大きくなります。)

3.『会員登録して購入』ボタンを押す購入前のココクラブ入会方法の解説その3(スマホ用)

あとはサイトの案内に従い、必要事項を入力していくだけで入会できます。

 

【会員限定のお得な情報】
ココクラブに入会しておけば、後日「購入金額×3%」のポイントがもらえます。
これを使えば、欲しいメンテナンスグッズが安くGETできます。
なおココクラブは入会費・年会費無料なので、登録しなかった場合はただ損なだけです。

いまスグ入会しておくならコチラ⇒

(※『新規会員登録』ボタンから入会できます)

3段階評価まとめのアイキャッチ写真

以上が、実物を参考にした【ベテルギウス】シリーズの3段階評価となります。

外装のワイルドな「ハワード・ボルケーノレザー」が放つヴィンテージ感。
内装のモダンな「アマンデルレザー」が放つエレガント感。
これら2つの要素が混ざり合った、絶妙なバランスが魅力の【ベテルギウス】シリーズ。ベテルギウス バイエルウォレット 中身を入れた時の写真カジュアルさとラグジュアリーさが同居した当シリーズの中で、あなたの使用状況に合うのはどのタイプでしょうか?
下のラインナップ一覧とスリーポイント解説を参考に、ぜひ新しい財布を選んでみてください。

シリーズの革財布をスリーポイント解説。スタッフさん推しはどの2種類?

スタッフさん推し
ベテルギウス・バイエルウォレット 公式写真編集後
名称 ベテルギウス・バイエルウォレット
タイプ ラウンドL字長財布
大きさ 縦10cm×横19.5cm×厚さ3cm
重さ 約223g
機能
  • カードポケット×12
  • 札入れ×3
  • ファスナー付き小銭入れ×1
  • フリーポケット×2
生産国 日本 価格 44,600円(税込)
  • ココマイスターの中でも珍しいL字ファスナータイプの長財布。
  • 大容量で使い勝手の良いブランドオリジナル設計は、開いた時の視認性も◎。
  • 手にした瞬間に感じられる重厚感は当シリーズの中でNo.1!
 
 
ベテルギウス・ハーシェルウォレット 公式写真編集後
名称 ベテルギウス・ハーシェルウォレット
タイプ Vマチ長財布
大きさ 縦9.5cm×横19.2cm×厚さ2.2cm
重さ 約159g
機能
  • カードポケット×13
  • 札入れ×1
  • ファスナー付き小銭入れ×1
  • フリーポケット×3
生産国 日本 価格 40,000円(税込)
  • スーツの内ポケットに入れて使う方に選ばれている「Vマチ」タイプの長財布。
  • 紳士物らしい直線的なフォルムで、ビジネススタイルとの相性も良い。
  • 薄型のフォルムを維持するために、収納するモノを厳選しておくと◎。
 
 
ベテルギウス・プロキオンウォレット 公式写真編集後
名称 ベテルギウス・プロキオンウォレット
タイプ ラウンドファスナー長財布
大きさ 縦9.7cm×横19cm×厚さ2.3cm
重さ 約190g
機能
  • カードポケット×8
  • 札入れ×2
  • ファスナー付き小銭入れ×1
  • フリーポケット×2
生産国 日本 価格 38,500円(税込)
  • 外周ファスナーに【COCOMEISTER】の刻印入り金属パーツが採用されている。
  • カードポケットが8箇所と、ちょっぴり少なめなのは要チェックポイント。
  • 高価になりがちなファスナー型なのに、なぜか長財布よりもリーズナブル。
 
 
スタッフさん推し
ベテルギウス・オリオンウォレット 公式写真編集後
名称 ベテルギウス・オリオンウォレット
タイプ 通しマチ長財布
大きさ 縦9.3cm×横19.2cm×厚さ1.7cm
重さ 約160g
機能
  • カードポケット×15
  • 札入れ×1
  • ファスナー付き小銭入れ×1
  • フリーポケット×4
生産国 日本 価格 43,000円(税込)
  • 数十枚の札束を入れて持ち歩きたい方にオススメな「通しマチ」タイプの長財布。
  • 15箇所もあるカードポケットは、貯まりがちなカード類の収納に便利。
  • 開くたびに外装と内装の、2種類の異なるレザーの質感が楽しめる。
 
 
ベテルギウス・シリウスパース 公式写真編集後
名称 ベテルギウス・シリウスパース
タイプ 小銭入れ付き二つ折り財布
大きさ 縦9.3cm×横11.3cm×厚さ2.7cm
重さ 約104g
機能
  • カードポケット×6
  • 札入れ×2
  • 小銭入れ×1
  • フリーポケット×3
生産国 日本 価格 34,800円(税込)
  • 【ベテルギウス】のシリーズロゴが大きく映える二つ折り財布。
  • スタンダードなつくりなので、違和感なく乗り換え可能。
  • 小さくてもヴィンテージモダンな雰囲気が感じられる仕上がりに。
 
 
ベテルギウス・リゲルコインパース 公式写真編集後
名称 ベテルギウス・リゲルコインパース
タイプ ミニラウンドファスナー財布
大きさ 縦7.6cm×横11.4cm×厚さ1.8cm
重さ 約84g
機能
  • カードポケット×2
  • コインポケット×1
  • マチ付きフリーポケット×2
生産国 日本 価格 20,000円(税込)
  • 「小銭入れ」としてだけでなく、「メイン財布」としても使える利便性が◎。
  • 持ち運びしやすい手のひらサイズは、ちょっとしたお出かけにもぴったり。
  • 【COCOMEISTER】の刻印入りの外周ファスナー採用で、高級感up。
 
 
ベテルギウス・ジャウザー 公式写真編集後
名称 ベテルギウス・ジャウザー
タイプ L字ファスナー財布
大きさ 縦9cm×横11.3cm×厚さ2cm
重さ 約45g
機能
  • コインポケット×1
  • フリースペース×2
生産国 日本 価格 20,000円(税込)
  • ミニL字ファスナー型財布は、ココマイスターの中でも珍しいタイプ。
  • キャッシュレス化に対応済みの方なら、これ1つでお出かけ可能。
  • 当シリーズの中で最安値の12,000円と、その入手しやすさも魅力。
 
 

以上となります。
あなたが求めているタイプの財布はありましたか?

「他のシリーズも見てから決めたいかな」
もしそう思われた場合は、下の関連記事から気になるシリーズの解説記事をご覧くださいませ。

ココマイスターの関連記事一覧

カヴァレオ・ポンテマットーネ・ベテルギウス 比較記事のサムネイル

カヴァレオ シリーズ解説 サムネイル

カヴァレオ シンバ 実物レビュー記事のサムネイル

ココマイスター ブランド全体の評価記事のサムネイル

ポンテマットーネ・グラディウスの詳細レビュー記事 サムネイル

カヴァレオ・ポンテマットーネ・ベテルギウス 比較記事のサムネイル

カヴァレオ シリーズ解説 サムネイル

カヴァレオ シンバ 実物レビュー記事のサムネイル

ココマイスター ブランド全体の評価記事のサムネイル

当記事作成にあたり参考にさせていただいたサイト様一覧

その他の記事


コメントを残す