【ホワイトハウスコックス】5つの魅力と気になるアノ評判とは?

%e3%83%9b%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%8f%e3%82%a6%e3%82%b9%e3%82%b3%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e3%80%80top【Whitehouse Cox:ホワイトハウスコックス】

1875年創業のイギリスの歴史あるレザー製品ブランド。
英国伝統のブライドルレザーを採用した製品を主軸とし、
英国御三家において圧倒的な知名度を誇ります。
%e3%83%9b%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%8f%e3%82%a6%e3%82%b9%e3%82%b3%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e3%80%80top【Whitehouse Cox
ホワイトハウスコックス】

1875年創業のイギリスの歴史ある
レザー製品ブランド。
英国伝統のブライドルレザーを採用した製品を主軸とし、英国御三家において
圧倒的な知名度を誇ります。

ホワイトハウスコックスの5つの魅力と気になるウワサの評判について

今や雑誌や店頭でも目にすることが多くなった「ホワイトハウスコックス(略称:whc)」
上の写真の財布は、同ブランドの財布の中でも特に人気の【S7660】という型番の三つ折り財布です。

【レビュー記事】
一眼レフ撮影で見るホワイトハウスコックス「S7660」

この【S7760】がホワイトハウスコックス人気の火付け役となり、いまでは他の型の財布も売れています。ホワイトハウスコックス 手持ち 写真

 いったいどんなところが、このブランドの魅力なのでしょうか?

↑この疑問にお答えするために、これからホワイトハウスコックスの魅力を5つに分けて解説いたします。
さらに、欠点とも言える残念な点も、包み隠さずお伝えしていきます。

あなたが気になった部分だけでもイイので、ぜひ読んでみて下さい。





スポンサーリンク

 高い知名度とブランド力


高い知名度とブランド力

創業140年を超えるイギリスの老舗革製品ブランド「ホワイトハウスコックス」
まず1つめの魅力は「高い知名度とブランド力」です。

ホワイトハウスコックス 箱ロゴ 写真(1875年に英国にて創業)

もちろん「高い知名度とブランド力」があるといっても、ルイ・ヴィトンやグッチといった高級ブランドには負けます。
さすがにハイブランドは別格です。

ですが、ホワイトハウスコックスもそこらへんのメンズ財布ブランド以上の力はあります。

その証拠に、全国の百貨店をはじめ、有名セレクトショップなどで取り扱われています。
そして、その取扱い箇所の数は270店舗を超えています。(取扱店一覧はコチラ

また、↓のような「ファンブック」というムック本が発売されていることからも、ホワイトハウスコックスが並外れたブランド力を持っていることが分かります。ホワイトハウスコックス ファンブックというのも、こういったムック本は一定以上のブランド力や人気がないと発売されないからです。
性別問わず大人気のブランド「イルビゾンテ」も、同じようにムック本が発売されているのが良い例です。

そんな日本でも有数の人気ブランドの1つであるホワイトハウスコックス。
このブランドは、同じイギリス出身の革製品ブランド達「通称:英国御三家」の中において、人気・知名度ともにNo.1のブランドとなっています。

 英国御三家とは…?

英国御三家

 
以上、3つのブランドを合わせて呼ばれる名前です。
この3つのブランドは同じ英国産ということもあり、よく比較されます。

ちなみに、ホワイトハウスコックスはこの中で最も歴史が長く、その歴史の長さはアノ超有名高級ブランド「BVLGARI(ブルガリ)(1884年創業)」をも超えます。

 どうしてホワイトハウスコックスが一番人気があって、知名度も高いのでしょうか?

 

 長い歴史から育まれたブランド力と確かな品質。
それに加えて「雑誌の影響」が大きく関係していると考えられます。

ホワイトハウスコックスは、「Begin,MEN’S EX,2nd,JOKER…etc.」などの男性ファッション誌によく掲載されます。

WHC 掲載男性ファッション誌 一覧(whcの製品が掲載されたことのある雑誌例)

特に、大人気雑誌「Begin」によく掲載され、特集記事が組まれることもあります。
あなたも「Begin読者」様なら、このブランドの記事を1度は見かけたことがあるかと思います。

これらの雑誌の中で、ホワイトハウスコックスの財布は「品質・技術力・使い勝手・デザイン性・耐久性」など、あらゆるポイントについて高く評価されています。

ホワイトハウスコックス begin 参考写真(10年後のスタメン財布として紹介されている。)

【出典】
Begin 2016年11月号,P173 世界文化社

このように雑誌で高い評価を得ていたり紹介されていたりすると、どうなるのでしょうか?

当然、このブランドの財布に興味を持って手にする人が増えていきます。(雑誌の影響力はスゴイですからネ。)
そして、実際の使用者さん達の口コミなどの広がりもあり、いまでは「憧れの本格革財布ブランド」としての地位を確立するまでになっています。
もちろん、

 みんな雑誌に踊らされてるだけなんじゃないの?

という否定的な意見もあるかと思います。
しかし、もしこの否定的な意見が正解であるなら、ホワイトハウスコックスは一時的なブームで終わっているハズです。

現実はというと…?

ホワイトハウスコックスの財布は、いまも順調にその人気を維持しています。

このような現実を考えると、「雑誌での高評価の影響力は大きかったものの、人気爆発のキッカケに過ぎなかったのではないか?」と、考えられます。

いまもたくさんの人々に支持されているのは、1世紀を超える伝統の中で育まれた「確かな品質」という土台があったからこそなのでしょう。

 

 「この色好き」が見つかるカラーバリエーションWS000423-tile


「この色好き」が見つかる
カラーバリエーション

続いての魅力はカラーバリエーションの豊富さです。
例えば、上の写真にある【S9697】という型番の長財布。
この長財布だけでも10種類を超える色の組み合わせがあります。

また、時期によっては期間限定カラーやショップ限定カラーなどもあり、その種類の多さは、いくら悩んでもなかなか決め切れないほどです。
これだけカラーが豊富だと、

おっ!この色なんか好きかも?

といった具合に、直感的にあなたの好きな色が見つかるハズです。

ちなみに、私は↓のショップ限定の「ネイビー×イエロー」がイイと思ったのですが…数か月待ちだったので、諦めて単色のネイビーにしました。

単色には単色にしかない良さがあるので後悔はナシです。ホワイトハウスコックス ネイビー単色 写真

また、「カラーが豊富」ということのメリットは他にもあります。
それは「知人や友人とまったく同じ財布だった…。」という事態が起こりにくいことです。

あなたも目撃したり経験したりしたことはありませんか?
「ブランド・型・色」すべて同じ財布を持っている人同士で、なんとなく気まずい空気になっている状況を…。

私は、友人同士でルイ・ヴィトンのダミエの財布が、被ってしまったのを目にしたことがあります。
WS000435色も形も全く同じダミエの財布だったので、なんとも言えない空気が二人を包んでいたのを覚えています。

ホワイトハウスコックスの場合、カラーが豊富なので「完全に同じ財布」になってしまう心配がほとんどありません。
それに、もしも完全にかぶってしまったとしても「互いのエイジング差を見比べる」という本格革財布独自の楽しみ方ができます。

 

 高い耐久性を実現する特殊な縫製


高い耐久性を実現する
特殊な縫製

ホワイトハウスコックスの製品は、一般的な革製品と違って少し斜めに糸が縫い合わされています。
まずは、その特殊な縫い目の↓画像をご覧ください。650×350 (3)赤い〇部分に注目!
すると、縫い目がカタカナの「ミ」に見えるぐらい斜めになっているのが、お分かりになると思います。

これが、通称「ミの字ステッチ」と呼ばれる特殊な縫製です。

縫い目を「ミの字」にすることで、どんな効果があるのでしょうか?
「糸がほつれにくくする効果がある」とされています。

糸がほつれにくくなると、財布の寿命が伸び、長期間にわたって同じ財布を愛用しやすくなります。
そのため「ミの字ステッチ」は、地味ながら結構重要な役割を果たしています。

ちなみに、財布のあちこちでこの縫い目の工夫が見られます。
例えば、フラップ部分も同じように「ミの字」に縫い合わされています。ホワイトハウスコックス フラップ部分 縫い目いまあなたにご覧いただいた縫製を含め、ホワイトハウスコックスの製品に関するすべての作業は↓の英国の職人さんたちの手で行われています。

 

 英国の職人によるハンドメイドへのこだわり


英国の職人による
ハンドメイドへのこだわり

ホワイトハウスコックスの製品はすべて、イギリス本国の自社工場にて、職人さん達の手によってつくられています。ホワイトハウスコックス ハンドメイド刻印そのため、このブランドの製品を実際に手にした人達からは「ハンドメイドのぬくもりを感じる」とよく言われています。

さて、自社工場ではどんな作業が手仕事で行われているのでしょうか?
少し見てみましょう。

  • 革の裁断
  • 革を薄くする(漉く)
  • 裏地張り
  • ベルトなどの革編み
  • 縫製
  • 組み立て
     

ホワイトハウスコックス 作業風景 PC版

ホワイトハウスコックス 作業風景 スマホ版

  • 革の裁断
  • 革を薄くする(漉く)
  • 裏地張り
  • ベルトなどの革編み
  • 縫製
  • 組み立て

このように複数の工程が、職人さん達による手作業にて行われています。
ちなみに、ホワイトハウスコックスでは創業当時からこの「ハンドメイド」に重点を置き、こだわってきたそうです。

どうして、そんなにもハンドメイドにこだわっているのでしょうか?
その理由ついて、ホワイトハウスコックス5代目社長「スティーブン・コックス」氏はインタビューの中で↓のように答えています。

WHC製品は構造が複雑なので高度な手仕事は不可欠なのです。たとえばブライドルレザーはアニリン仕上げのため、機械では判別できないほど微かな表情の差があるのですが、手仕事であれば表情が似通ったパーツ同士を組み合わせて品質を維持できます。またキズの有無や縫製の正確さ、ポケットの作りなどを、職人の手から手へ渡る工程でその都度チェックができるのも手仕事の強み。

【出典】
Whitehouse Cox FAN BOOK(2016/11/16)P.30 世界文化社

つまり、ハンドメイドにこだわっている理由は「高品質を維持するため」だそうです。

たしかに実際に手にしてみると、そこらへんの安物の財布にはない品質の良さが伝わってきます。「革の表情の統一感、レザーの手触り、ステッチのアクセント…etc.」明らかにその違いを感じることができます。

しかし、これだけ優秀なホワイトハウスコックスの財布でも、残念ながら欠点のない「完璧な財布」ではありません。
その理由は、↓の欠点とも言える残念な点があるからです。

 

 縫製が大雑把なところも…


縫製が大雑把な
ところも…

 
自社製品が「英国の職人さん達によるハンドメイドであること」を、誇りにしているホワイトハウスコックス。
しかし・・・

その結晶とも言える製品をよく確認してみると、縫製がテキトーなことがあります。

 では、どれぐらいテキトーなのでしょうか?

分かりやすい実物写真をご用意いたしましたので、一度あなた自身の目で確認してみてください↓。WS000449上の写真にある赤い円のところをよく見ると、縫い目が「等間隔」ではないのがお分かりいただけると思います。

この部分を分りやすく図にすると↓のようなイメージになります。WS000450このように、ホワイトハウスコックスの製品の一部には、縫製が大雑把な部分があります。

私が持っている財布も、よく確認してみると一部の縫製が少しゆがんでいました。ホワイトハウスコックス 縫製 粗い箇所 枠アリもちろん↑コレぐらいゆがみなら、注目して観察しないと分からないレベルです。
ですが、質にうるさいマニア達に批判されることもあります。


神経質な方には、
海外製は向かないかも…?

基本的に海外製の革製品は、日本製のモノに比べて縫製が大雑把な場合が多くみられます。
もしかしたら、これは国民性の問題なのかもしれません。

例えば、同じ英国ブランドであるグレンロイヤルの製品も、割と縫製がテキトーです。
ちなみに、ホワイトハウスコックスよりもさらに荒いこともあります…。

WS000326(↑グレンロイヤルの財布)

なので、あなたがどうしてもこの「大雑把さ」を許せない場合は、日本産のメンズブランドから財布を選ばれることをオススメします。
やはり、縫製の丁寧さは日本製の方が上です。





スポンサーリンク

 色の変化も楽しめる本場英国産のブライドルレザー


色の変化も楽しめる
本場英国産のブライドルレザー

ホワイトハウスコックスの魅力を語る上でハズせないのが「本場英国産のブライドルレザー」の存在です。

 ブライドルレザーとは?

WS000441(WHC工場内でのレザー選定の様子)

馬の手綱などにも使われているぐらい丈夫な革のこと。
革にロウを塗り込むことで耐久性がアップしています。

最近では「ブライドルレザー」と表示しながら、軟弱なレザーであることも…。
そのため、本物の上質なブライドルレザー製品を手に入れるには、信頼できるブランドから選ぶ必要があります。

馬の手綱などにも使われているぐらい丈夫な革のこと。
革にロウを塗り込むことで耐久性がアップしています。

WS000441(WHC工場内でのレザー選定の様子)

最近では「ブライドルレザー」と表示しながら、軟弱なレザーであることも…。
そのため、本物の上質なブライドルレザー製品を手に入れるには、信頼できるブランドから選ぶ必要があります。

では、ホワイトハウスコックスが採用しているブライドルレザーは、どのようなブライドルレザーなのでしょうか?
その特長を↓ご覧ください。

WHCのブライドルレザーについて

 品質

時間のかかるナチュラル製法で作られた最高クラスの革。

フルベジタブル・タンニングで、約10週間かけて鞣された、欧州産の最高グレードのカウハイドを使用。

【出典】
Whitehouse Cox FAN BOOK (2016/11/16)P.54 世界文化社

高い耐久性を誇るため、メンテナンスしながら大切に使えば「10年使える」と各所で評価されています。

 
 

 手触り

硬さの中にもしなやかさがあり、ツルっとした質感の手触り。
手に持つと「本物の肉厚なブライドルレザー」というのが伝わってきます。

 
 

 経年変化

新品時のカラーより色が濃く深くなり、テカリを帯びていきます。
たとえば、染色が薄めの「ニュートン」というカラーの場合、下の写真のように驚くほど色が変化します。

WS000436
(エイジングの様子)
【出典】ノーザンアイランドさん

WS000436 (エイジングの様子)

【出典】
ノーザンアイランドさん

以上が、ホワイトハウスコックスのブライドルレザーの特長です。
ちなみに、このブランドでは創業以来、染色や仕上げなどを独自にオーダーしたものを英国内で生産しているそうです。

そんなこだわりがたっぷり詰まった本場英国産ブライドルレザーが、大ヒット財布【S7660】にて、贅沢に1枚革で使わています。

もちろん、この三つ折り財布以外でも「本物のブライドルレザー」を存分に味わうことができます。
あなたがホワイトハウスコックスの財布を手にされた際には、その革質の良さをじっくり感じてみてください。

以上、5つのポイントがホワイトハウスコックスの主な魅力でした。

このホワイトハウスコックスというブランドは、「知名度のある本格革財布」という条件で財布を探している時に、まず検討されるほどの定番ブランドです。
ですので、あなたも同じような条件で財布をお探しの場合は、まずこのブランドから検討してみることをオススメいたします。

発表!ホワイトハウスコックスで人気のタイプTOP3はこの3つ!

 S7660 三つ折り財布

s7660%e3%80%80%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%ef%bc%91%e4%bd%8d価格:42,120円(税込)

【特徴】
Whitehouse Cox不動の殿堂アイテム【S7660】が人気のタイプNO.1に。

人気の秘密は、扱いやすい絶妙なサイズ感と、つい色違いが欲しくなる多彩なカラーバリエーション。
期間限定カラーやShop限定カラーなどが発売されると「即完売」も珍しくない定番の大ヒットアイテムです。

 

 s7660%e3%80%80%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%ef%bc%91%e4%bd%8d【S7660 三つ折り財布】

<特徴>
Whitehouse Cox不動の殿堂アイテム【S7660】が人気のタイプNO.1に。

人気の秘密は、扱いやすい絶妙なサイズ感と、つい色違いが欲しくなる多彩なカラーバリエーション。
期間限定カラーやShop限定カラーなどが発売されると「即完売」も珍しくない定番の大ヒットアイテムです。

 

 S9697 長財布

s9697価格:45,360円(税込)

【特徴】
ブライドルレザー製のスタンダードな長財布が第2位に。

この長財布もホワイトハウスコックスらしいカラーからシンプルなカラーまであり、シンプルなデザインからスーツ用の財布としても選ばれています。

 

 

 s9697【S9697 長財布】

<特徴>
ブライドルレザー製のスタンダードな長財布が第2位に。

この長財布もホワイトハウスコックスらしいカラーからシンプルなカラーまであり、シンプルなデザインからスーツ用の財布としても選ばれています。

 

 S2622 ロングジップウォレット

s2622価格:52,920円(税込)

【特徴】
他のメンズ財布ブランドでは、第1位を獲得することの多い「ラウンドファスナー財布」が、ホワイトハウスコックスでは第3位にランクイン。

本場英国産ブライドルレザーを主素材に、ファスナーは名門riri社の製が採用されています。

 

 

 s2622【S2622 ロングジップウォレット】

<特徴>
他のメンズ財布ブランドでは、第1位を獲得することの多い「ラウンドファスナー財布」が、ホワイトハウスコックスでは第3位にランクイン。

本場英国産ブライドルレザーを主素材に、ファスナーは名門riri社の製が採用されています。


このTOP3の中で、当サイト管理人も購入したオススメの財布は?

 

 

S7660 三つ折り財布

価格:42,120円(税込)

<おすすめ理由>
コロッとした独特のフォルムが愛くるしいWhitehouse Coxの代名詞とも言える三つ折り財布。
当ブランド人気の火付け役にもなった大傑作モデルということもあり、1度は手にしてみる価値があります。

どれにするか迷ったら、このS7660から検討してみてください。

 

 

【S7660 三つ折り財布】

<おすすめ理由>
コロッとした独特のフォルムが愛くるしいWhitehouse Coxの代名詞とも言える三つ折り財布。
当ブランド人気の火付け役にもなった大傑作モデルということもあり、1度は手にしてみる価値があります。

どれにするか迷ったら、このS7660から検討してみてください。

 【各種リサーチデータ】 ~年齢層・知名度から満足度まで~

 購入者の年齢層は?

【20代中盤~40代中盤】
の社会人の男性に購入者が多いようです。
人気雑誌「Begin」の購読者と同じような年齢層と言えます。

 
 定価はどれぐらい?

【3万円~5万円】
の価格帯となっています。
他の英国御三家と同じような価格帯です。

 
 知名度は?

ルイ・ヴィトンのように小学生でも知っているぐらいの知名度の高さはありません。
ですが、「ファッションに興味のある方」や「革製品に少しでも興味がある方」などにとっては、かなり有名なブランドです。

 
 満足度は?

【約92.2%】
今回のリサーチ対象である578人中533人の方が☆4以上を付けていらっしゃいました。
この満足度を見れば、先ほどお伝えいたしましたアノ評判(縫製の問題)は、ほぼすべての方にとって「気にならないレベル」だということが分かります。




スポンサーリンク
「はじめての革財布」や「プレゼント用の革財布」としてもよく選ばれているホワイトハウスコックスの財布。↓の赤いボタンから訪問できる「正規品販売店」にて、無料ラッピングを依頼すれば、上の写真のように「WHCのショップ袋」に入れて届けてもらえます。
私も購入した信頼できるネットショップなので、ぜひ利用してみて下さい。

【補足】
このホワイトハウスコックスの財布は「Begin」などの人気雑誌に掲載されると、その商品から売り切れとなってしまいますのでお早目に。

 

【Whitehouse Cox】に興味を持たれた方々には、コチラのブランドの記事も読まれています。

(画像をタップで詳細へ♪)

(↑画像をクリックで詳細へ♪)

【関連記事】
違いはドコ?人気3シリーズの違いを分かりやすく解説します。

ホワイトハウスコックスの財布で迷ったらコレ!人気&オススメ3タイプ

オススメ財布探しメニュ-