【50代向け】センスのあるオヤジが選ぶべき7つのメンズ財布ブランドは?

50代のオヤジ達に、もっとも選ばれている「メンズ財布ブランド」
それは恐らく「ルイ・ヴィトン」で間違いないでしょう。
ですが…

海外高級ブランド以外で、シブい財布を探している…。

というオヤジ達も多いと思います。

あなたもハイブランド以外で良質な財布をお探しではないですか?

もしそうであるなら、ぜひ、この記事を読み進めてください。
この記事では「センスのあるオヤジ達が選ぶべきメンズ財布ブランド」を、ハイブランド以外で7種類お伝えしています。





スポンサーリンク

気になるブランドは でチェック♪50代メンズが選ぶべきブランド7種類はコレ↓

 aniary(アニアリ)

幅広い年齢層の男性からの支持が厚い日本のブランド。
多種多様なブランド独自のオリジナルレザーを採用し、シンプルで合わせやすいデザインが魅力的です。
50代以上の男性には、特にリアルクロコ(写真)のシリーズがイチオシ。
30代、40代の男性達と同じブランドでも、格上のレザーなので箔が付きます。

 

 

【aniary】

幅広い年齢層の男性からの支持が厚い日本のブランド。
多種多様なブランド独自のオリジナルレザーを採用し、シンプルで合わせやすいデザインが魅力的です。

50代以上の男性には、特にリアルクロコ(写真)のシリーズがイチオシ。
30代、40代の男性達と同じブランドでも、格上のレザーなので箔が付きます。

 

 GANZO(ガンゾ)

日本の老舗メーカー「AJIOKA」が、2001年から満を持してはじめた自社ブランド。
日本のブランドらしく「質実剛健」な革製品を製作しており、品質にキビシイ人々を満足させています。
「切り目本磨き」の処理がなされたコバ(革の切断面)は、つい見とれてしまうほどの美しさです。

 

 

【GANZO】

日本の老舗メーカー「AJIOKA」が、2001年から満を持してはじめた自社ブランド。
日本のブランドらしく「質実剛健」な革製品を製作しており、品質にキビシイ人々を満足させています。

「切り目本磨き」の処理がなされたコバ(革の切断面)は、つい見とれてしまうほどの美しさです。

 

 万双(まんそう)

万双 財布
「品質は高く、価格は低く」を体現している職人気質の強い日本のブランド。
万双が考える「適正価格」を守るために、百貨店や大手ネットショップなどに商品を卸さない姿勢を貫いています。

2014年には、大人気ドラマ「俺のダンディズム~財布編~」にて紹介され、さらに注目を集めました。

 

 

【万双】万双 財布

「品質は高く、価格は低く」を体現している職人気質の強い日本のブランド。
万双が考える「適正価格」を守るために、百貨店や大手ネットショップなどに商品を卸さない姿勢を貫いています。

2014年には、大人気ドラマ「俺のダンディズム~財布編~」にて紹介され、さらに注目を集めました。

 

 大峡製鞄(オオバセイホウ)

テレビ番組でもたびたび紹介されている皇室御用達で有名な日本のブランド。
世界の名だたるタンナーから革を仕入れてつくられた製品は、老舗ブランドが作るからなのか、どこか「和」を感じる雰囲気に仕上がっています。
伝統と格式を重んじる大人の男性は候補に入れてみては…?
お孫さんのランドセルにも◎です。

 

 

【大峡製鞄】

テレビ番組でもたびたび紹介されている皇室御用達で有名な日本のブランド。
世界の名だたるタンナーから革を仕入れてつくられた製品は、老舗ブランドが作るからなのか、どこか「和」を感じる雰囲気に仕上がっています。

伝統と格式を重んじる大人の男性は候補に入れてみては…?
お孫さんのランドセルにも◎です。

 

 COCOMEISTER(ココマイスター)

オヤジ達から人気の雑誌「LEON・MEN’S EX」などによく掲載されている新進気鋭の本格革財布ブランド。
「最高級のレザーを日本の熟練職人が仕上げる」というコンセプトのもと作り上げられた革製品は、驚異的なスピードで人気を獲得中。
気になる売上は、わずか4年間で10倍も伸びています。

 

 

【COCOMEISTER】

オヤジ達から人気の雑誌「LEON・MEN’S EX」などによく掲載されている新進気鋭の本格革財布ブランド。
「最高級のレザーを日本の熟練職人が仕上げる」というコンセプトのもと作り上げられた革製品は、驚異的なスピードで人気を獲得中。

気になる売上は、わずか4年間で10倍も伸びています。

 

 CYPRIS COLLECTION(キプリスコレクション)

百貨店などで紳士物の財布の定番となっている「キプリス」の上位ブランド「キプリスコレクション」
一級職人が全工程の90%を手作業で仕上げる当シリーズは完成度が高く、隙のない財布となっています。
特殊な技法が駆使された革製品は、使うヒトのことを考えて作られており「おもてなし」の心を感じることができます。

 

【CYPRIS COLLECTION】

百貨店などで紳士物の財布の定番となっている「キプリス」の上位ブランド「キプリスコレクション」
一級職人が全工程の90%を手作業で仕上げる当シリーズは完成度が高く、隙のない財布となっています。

特殊な技法が駆使された革製品は、使うヒトのことを考えて作られており「おもてなし」の心を感じることができます。

 

 YUHAKU(ユハク)

手染めで染色された美しいレザーが魅力的な日本のブランド。
ヒトの手で染め上げられたYUHAKUの製品は、「1点1点表情が異なる」という欠点と魅力が共存しています。
美意識が高く、モノを大切にできるオヤジ達に選んで欲しい逸品。
「三越伊勢丹・大丸松坂屋・高島屋」など全国の百貨店で取り扱われています。

 

 

【YUHAKU】

手染めで染色された美しいレザーが魅力的な日本のブランド。
ヒトの手で染め上げられたYUHAKUの製品は、「1点1点表情が異なる」という欠点と魅力が共存しています。
美意識が高く、モノを大切にできるオヤジ達に選んで欲しい逸品。

「三越伊勢丹・大丸松坂屋・高島屋」など全国の百貨店で取り扱われています。

50代の男性にオススメのメンズ財布ブランドランキングTOP3を発表します。

以上が、センスのあるオヤジが選ぶべきメンズ財布ブランドとなります。
あなたがビビっときたブランドはありましたか?

う~ん…。
どれも良さそうに見えて、なかなか決められないなぁ…。

というあなた。

そんなあなたのために、さきほどの7種類のブランドの中から“特に”オススメのブランドランキングTOP3を、発表していきます。
財布選びになやまれた時は、ぜひこのTOP3から検討してみてください。

 CYPRIS COLLECTION(キプリスコレクション)

選ぶなら最上ランクのモノを。
「縫製技術・素材・完成度」すべてが標準ラインである「キプリス」を越えるコレクションライン。
その中でもイチオシは写真のマットクロコダイルシリーズ。
若い世代には似合わない風格かつ手の届かない価格は、まさにオヤジ専用の財布であるかのように思われます。

 


【CYPRIS COLLECTION】

選ぶなら最上ランクのモノを。
「縫製技術・素材・完成度」すべてが標準ラインである「キプリス」を越えるコレクションライン。

その中でもイチオシは写真のマットクロコダイルシリーズ。
若い世代には似合わない風格かつ手の届かない価格は、まさにオヤジ専用の財布であるかのように思われます。

 

 COCOMEISTER(ココマイスター)

情報感度が高いデキるオヤジにオススメなのが、いま急成長を遂げている新興ブランド「ココマイスター」
ビジネスユースによく合うスタイリッシュな革製品が充実しており、二つ折り派も納得のラインナップとなっています。
世界各国の名門レザーを厳選した「最高級レザー」と謳われる革の品質は、間違いなく本物。

 

 


【COCOMEISTER】

情報感度が高いデキるオヤジにオススメなのが、いま急成長を遂げている新興ブランド「ココマイスター」
ビジネスユースによく合うスタイリッシュな革製品が充実しており、二つ折り派も納得のラインナップとなっています。

世界各国の名門レザーを厳選した「最高級レザー」と謳われる革の品質は、間違いなく本物。

 

 YUHAKU(ユハク)

美意識の高い大人の男性に1度は検討していただきたい日本のブランド。
それがこの「YUHAKU」です。
「他人と同じではつまらない。」
そんな個性を大切にして人生を歩んできた男性の心を揺さぶる財布が、たくさん用意されています。
美術品を見にいくような感覚で、製品を見にいってみてください。

 

 


【YUHAKU】

美意識の高い大人の男性に1度は検討していただきたい日本のブランド。
それがこの「YUHAKU」です。

「他人と同じではつまらない。」
そんな個性を大切にして人生を歩んできた男性の心を揺さぶる財布が、たくさん用意されています。
美術品を見にいくような感覚で、製品を見にいってみてください。

 

スポンサーリンク

新しい財布をお探しの50代の男性には↓コチラの記事も読まれています

オススメ財布探しメニュ-

コメントを残す