【予算1万円以内】激安でも有名なメンズ財布ブランドはこの3種類

「1万円以下」の“激安”メンズ財布ブランドを探しているけど、ノーブランドはイヤ…。

そんな時に見ておきたい「メンズ財布ブランド」が、3種類ご覧いただけます。

残念ながら、この価格帯で狙えるブランドは少ないです。
ですが、ノーブランド製品にありがちな「粗悪品」を避けるために、まずはこれから登場するブランドから検討されることをオススメいたします。

【予算10,000円以下】で買える財布ブランドは、この3ブランド

PORTER

・知名度:
・年齢層:全年齢

ポーター

ポーターPORTER

 知名度:
 年齢層:全年齢

 

誰もが知ってる日本の老舗「吉田カバン」のオリジナルブランド「ポーター」
安定した品質とその手に入れやすさ、そして豊富なラインナップが魅力となっています。

予算1万円以下で新しい財布を探している時には、耐久性の高いナイロン製のシリーズ「タンカーorヒート」や、独自素材を用いたシリーズ「スモーキー」などが入手可能。これらのシリーズは、中学生や高校生の息子さんへのプレゼントにもよく選ばれており、レビュー評価も上々です。

ちなみに、レザーが採用されたシリーズは予算内に収まらないので、最初から候補外にしておいた方が、財布を選びやすくなります。

スポンサーリンク

calvin klein

・知名度:
・年齢層:全年齢

カルバンクライン

カルバンクラインcalvin klein

 知名度:
 年齢層:全年齢

 

アメリカ生まれの世界的ファッションブランド「カルバン・クライン」
時計や香水、ボクサーパンツなど、あらゆるファッションアイテムで人気を獲得しており、日本においても高い知名度を誇ります。

このブランドでは、スーツ用にも◎な黒を基調とした高級ブランドのようなデザインの財布が、格安にて購入可能。
「並行輸入品」なら、1万円以内の予算でお釣りがきます。
ただ、安価なカルバンクラインの財布には「耐久性や品質にやや問題がある」といった気になるレビューも…。

しかし、「有名ブランド・シンプル・格安」といった条件のメンズ財布なら、間違いなく第1候補となります。

 

 

TOUGH

・知名度:
・年齢層:全年齢

タフ

タフTOUGH

 知名度:
 年齢層:全年齢

 

「タフ」は、2014年に惜しくも日本から撤退した香港発のカジュアルブランド。
日本撤退後も、製品自体は2017年現在でも一部の店舗で取り扱われており、楽天市場においては、財布だけで累計11,500件を越えるレビューを獲得しています。

「タフ」の財布の特長は、リーズナブルな価格ながら、細部まで使いやすさが考えられたデザイン性の良さ。「着脱可能」な小銭入れや、「分別可能」なお札入れなど、随所にこだわりが見られます。

また、カジュアル使いにピッタリな「ユーズド感」のあるレザーが持つ個体差は、それが自体が「味」として購入者さんから好評。
あまりの満足度の高さから、同じ財布を何回も「リピート買い」されている方が多数いらっしゃります。

この3ブランドの中でイチオシは、やっぱり↓このブランド

 PORTER(ポーター)

オススメポイント
販売価格以上の優れた「耐久性・防汚性」を持つナイロン製品が魅力。
モノ乱暴に扱いがちな中高生だけでなく、現場系などのブルーカラーの男性達が持つ「セカンド財布」としても役に立つ財布が手に入ります。
安心と信頼の日本製なため、「粗悪品」を掴まされる心配もありません。

 

 


【PORTER】

【オススメポイント】
販売価格以上の優れた「耐久性・防汚性」を持つナイロン製品が魅力。
モノ乱暴に扱いがちな中高生だけでなく、現場系などのブルーカラーの男性達が持つ「セカンド財布」としても役に立つ財布が手に入ります。

安心と信頼の日本製なため、「粗悪品」を掴まされる心配もありません。

スポンサーリンク

もう少し予算が増やせる方には、コチラの記事もオススメ♪

オススメ財布探しメニュ-

コメントを残す