楽天メンズ財布ランキング第1位獲得経験のあるグレンチェックとは?

WS000205

GLENCHECK:グレンチェック

2000年に設立した会社で、主に世界の革製品の輸入、販売を行う。
楽天市場では【メンズ財布部門】で第1位を獲得することもある
ネットショップを運営している。

GLENCHECK:グレンチェック

2000年に設立した会社。
主に世界の革製品の輸入、販売を行う。
楽天市場では【メンズ財布部門】で
第1位を獲得することもある
ネットショップを運営している。

グレンチェックの売れ筋は3種類のブランド

グレンチェックとは上にも記述したように、
世界の様々なブランドや製品を取り扱うセレクトショップのような
ネットショップを運営している会社の名前です。
たまに、ブライドルレザーで有名なグレンロイヤルというブランドと
何かしらの関係があると勘違いされることもありますが、
このふたつの会社は無関係です。

さて、グレンチェックが取り扱うブランドの中で、
特に人気なのが、以下の3つのブランドです。

グレンチェック内で人気の3シリーズ

 BRITHISH GREEN:ぶりてぃっしゅ ぐりーん
 ORICE      :おりーちぇ
 FLYING HOUSE  :ふらいんぐ ほーす

グレンチェック内で
人気の3シリーズ

 BRITHISH GREEN
 ⇒ぶりてぃっしゅ ぐりーん
 ORICE
 ⇒おりーちぇ
 FLYING HOUSE
 ⇒ふらいんぐ ほーす

これらの3つのブランドは、
それぞれ得意とする革が違い、それぞれの良さがあります。
それぞれの特徴を知ると選びやすくなるので、
簡単に、この3つのブランドの特徴についてまとめて見ていきましょう。



スポンサーリンク

▶BRITHISH GREEN

【セドウィック社のブライドルレザーを使用した財布】

▶BRITHISH GREEN

セドウィック社の
ブライドルレザーを使用した財布

WS000210

ブリティッシュグリーンの財布は、セドウィック社という
有名な革加工会社が製作した革を使用しています。
このセドウィック社の革は、
コスパが良いキプリスの財布や、
革財布マニアからの評価が高いガンゾの財布でも使用されている
人気と評価の高い革となっています。

そんな優秀な革を使用しながら低価格を実現しているのが、
このブリティッシュグリーンの財布達。
その価格帯は、1万円前後~2万円以内となっています。
ちなみに、累計4万個を売り上げたグレンチェックの人気NO.1商品は
このブランドから販売されています。

 

 

▶ORICE

【エイジングが楽しめるオリーチェ社製の革がポイント】

▶ORICE

エイジングが楽しめる
オリーチェ社製の革がポイント

WS000211

イタリアの革加工会社であるオリーチェ社が
製造するレザーを使ったシリーズ。
グレンチェック内で人気の3ブランド中、経年変化が1番楽しめます。
ただ、オリーチェ社のレザーはマイナーなため、
質の良さや実力は不明なのが少し気になるところ・・・。
購入者のレビューを見たところ良い評価が多いので、
さほど心配はないとは思いますが、
革質にうるさいマニア向けではないでしょう。

気になる価格帯は、
1万円前後~1万5000円程度とリーズナブルなのは魅力的。
低予算で経年変化を楽しめる革を探している時に、
チェックしておくと良い財布のひとつだと思います。

 

 

▶FLYING HORSE

【日本の老舗が製造するコードバンを使用】

▶FLYING HORSE

日本の老舗が製造する
コードバンを使用

WS000212

このシリーズは、創業80年を越える日本の老舗である
宮内産業という会社が製造している革を使用しています。
ちなみに、コードバンというのは馬のお尻の革で
希少性と丈夫さが強みとしてよく紹介される革です。

さて、この宮内のコードバンは大峡製鞄のコードバンと同じように
コーティングされたコードバンなのでツヤが強めです。
しかし、自然の風合いを楽しむことには向かない革なので、
経年変化を楽しむには不向きな革となっている点には注意が必要です。

比較的高価で販売されているコードバンの財布が、
1万円前後~2万円程度で入手できるブランドは少ないので、
価格面において強みがあるブランドとなっています。

グレンチェックで人気がある3つのブランドの3つの共通点とは?

 3つのブランドを展開している会社は同じ


3つのブランドを
展開している会社は同じ

「ブリティッシュグリーン、オリーチェ、フライングホース」の
3つのブランドは、グレンフィールド株式会社という会社が展開しています。
ちなみに、このグレンフィールドという会社は、
タイトルの「グレンチェック」という会社の関連会社でもあります。

・・・なんかややこしいデスヨネ。
簡単に言うと、A社がa,b,c,というブランドを展開しているという感じです。
念のため、「この3つのブランドは同じ会社が運営している」ということを
お伝えしたかったので取り上げました。

グレンフィールド


 

 製造は中国で行われている


製造は中国で行われている

この3つのブランドは、革は中国以外から仕入れていますが、
縫製は中国で行われています。
つまり、原料はイタリア産や日本産で、加工は中国ということです。
最近、中国で食料品に関する問題が多いこともあり、
「MADE IN CHINA」を嫌がる方も少なからずいらっしゃいます。
あなたがその一人であった場合に、これらのブランドを購入すると
後悔しかねないので、隠すことなくお伝えしておきました。



スポンサーリンク

 縫製がキレイではないことがある


縫製がキレイでは
ないことがある

②の中国で製造していることが原因だと思いますが、
この3つにブランドの財布は、
縫い目があまりキレイでないことがあるようです。
なので、あなたが「縫い目がキレイな状態の財布」を求めている場合は、
これらのブランドをオススメすることはできません。
そういった方は、縫製がキレイで有名なキプリスなどの
日本製ブランドを選ぶといいと思います。

といっても、
購入者の大半の方(約90%以上)が☆4以上の評価しているので、
あまりにヒドイ縫製ということは稀だと考えられます。
もしかすると価格がリーズナブルな分、ちょっと検品が甘いのかもしれません。
ちなみに「明らかに不良品」の場合は、7日以内なら無料で交換してくれます。
したがって、過度な心配は不要でしょう。

 

pick up情報

最近、グレンフィールドが新たにブランドを立ち上げました。
そのブランド名は【グレンヘリテージ】
まだ購入者が多くはないので、品質については謎ですが、
この新ブランドは中国製ではなく日本製です。
ですので、先ほどの問題点であった縫製については、
大きく改善していることが予想できます。

WS000214

上の写真のこのような感じの財布で、
老舗が製造したブライドルレザーを使い、
技術力のある日本で製造しています。
詳しくは、↓の緑ボタンから見られますので、
ちょっとでも興味がある方は一度覗いてみてくださいネ。

オススメ財布探しメニュ-