革蛸の財布の特徴や評判は?売れ筋の人気シリーズはどのモデル?

WS000057

【革蛸:かわたこ】
2007年に設立された日本のブランドで、
アメカジ系財布ブランドとして近年注目を集めている。

 

まずは、革蛸の特徴を簡単に知ろう♪

・極厚レザーは存在感と迫力がすごい

このブランドの一番の特徴は、とにかく革が分厚く上質というところ。
「いったい、どれだけ分厚いのか?」
それは、ジーンズのポケットを破壊したり、
堅いカードを折り曲げたりしたという伝説を持つほど。笑
あくまで伝説なのでどこまで本当かは分かりませんが、
その分厚さは最強レベルと言っていいでしょう。
ちなみに、革蛸の財布をジャンル分けすると、
フラットヘッドの財布レッドムーン財布と同じように
バイカーズウォレットというジャンルに含まれます。
なので、ウォレットチェーンなどを付けて所持するのが定番の
男らしい財布となっています。
ただ、革蛸の財布に関してはバイカーズウォレットの定番である
コンチョが付いていないモデルが多めです。

【参考画像】

WS000059 WS000058 WS000060
フラットヘッドの財布 レッドムーンの財布 革蛸の財布

 

・エイジング(経年変化)は楽しみのひとつ

革蛸の革は分厚いだけでなく、
エイジング(経年変化)も楽しめる革を使用しています。
「どのような感じでエイジングをするのか?」という点は、
基本的に購入時の色よりも、徐々に濃くなっていくという理解でOK。
ただ、黒系などの元々色の濃いカラーはエイジングが分かりにくいので、
とことん革を楽しみたい場合は、薄めを選ぶのがベターです。

「実際にどのように変化していくのか?」
というのを見ておきたい方も多いと思うので、
キレイにエイジングした画像をお借りしてきました。

WS000061

APACHE 481-5さんからお借りしました。
イタリアンサドルレザー(月夜)のエイジング画像

上の画像は、「月夜」と呼ばれるカラーの財布を
約1年使用した時のエイジングの様子です。
元の青色がかなり濃くなり、
紺色に近づいているのがお分かりになると思います。
「革を育てた」という雰囲気が漂っています。
このエイジングの素晴らしさを見ると、
【革小物が好きな方々に支持されるブランド】
というのが納得できるような気がします。

 

革蛸の知名度と年齢層はどのぐらい?

・革蛸の知名度はどの程度?

革蛸の財布の知名度は一般的には低めです。
ただ、「アメカジ雑誌のDaytonaBROS」や「モノ・マガジン」などに
掲載されることもあるので、
これらの雑誌を講読している方なら知っているでしょう。
しかし、まだまだ新しいブランドであり、
マニアックな革小物を製作しているので、
革にこだわりのある男性以外は知らないレベルと言えます。


PR

・革蛸を購入する主な年齢層は?

【30代前半~40代後半】
普通の革財布や高級ブランドの財布などでは、
満足できなくなった大人の男性に人気があります。
基本的にはスーツに合わないブランドなので、
普段使いに使用されている方がほとんど。
女性が男性へのプレゼントに購入することよりも
男性が自分自身のために購入することの方が多い模様です。

 

革蛸の財布の価格帯は幅広い

【5万円~8万円】程度で、人気の手縫いモデルが購入できます。
しかし、革蛸の製品は価格の幅が広く、
主に以下の三つの要素で価格が変わります。

・どんな形の財布か?
・どの革をつかっているか?
・手縫いかミシン縫いか?

あなたが革蛸の財布を選ぶ場合は、
この3つの要素に着目して選ぶと選びやすくなるかと思います。

【Pick up!】ミシン縫いと手縫いの違いを見比べる

WS000071 WS000072
ミシン縫い 手縫い

ミシン縫いと手縫いの違いは↑のようになっています。
手縫いの方が糸が太く、縫い目が大きいのがお分かりになると思います。
これらが手縫いの方が迫力があるとか、インパクトがすごい
と言われている理由です。

 

気になる革蛸の財布の評判や口コミは?

革蛸の財布は「使い勝手が悪く、厚すぎて不便」と
言われることが結構あります。
なので、もしあなたが使いやすい財布を求めているなら、
他のブランドの財布を購入した方がいいでしょう。
(⇒他のメンズ財布ブランド一覧を見に行く

 

さて、ここまでこのページを見てくださっているあなたは、
恐らく、財布に使い勝手というのを一番に求めていないと思います。
求めているのは、
愛着を持って長期間使用することや、革質の良さやエイジング、
縫製の独特さや分厚い革などを楽しむことではないでしょうか?
そんなあなたと同じようなことを求めて革蛸の財布を購入された方々は、
このブランドを高く評価し、品質に満足しています。
革蛸の財布を買った人々の生の声も参考になるかと思いますので、
目立った口コミや評判をピックアップしてみます。

評判

○かなり分厚いですが、長く付き合っていけそうで楽しみです。
○高価な財布なのでネットで買うのに不安がありましたが、
 届いてみて満足。素晴らしい財布と思います。
△厚くてまだまだ使いこなせていません。
 早く革が馴染んで欲しいです。
○初めて財布を折ることをしました。
 儀式と呼ばれるそうですがちょっと感動しました。
△ジッパー部分がちょっと頼りなくて、ここから壊れそう・・・。
○「匠」シリーズを初めて購入したのですが、
 革の質感や厚さ、手縫いの迫力すべてに満足です。
○コバの仕上げもなかなかの腕前です。
 これからエイジングも楽しみな財布です。

といった感じの口コミやレビューが見られました。
やはり大半の方が「革質」についてコメントされており、
その重厚な質感に驚きと満足を感じている印象でした。

ちなみに、革蛸は質にうるさい人が割りと多めな「yahoo!知恵袋」でも
よくオススメされているブランドのひとつです。
財布の価格はちょっとお高いですが、
普通の革財布に満足できなくなったマニアックな人達に
支持されているところを見ると、
品質に関しては間違いないブランドと言えると思います。

革蛸で人気の財布はどのモデル?革蛸の財布選びに迷ったら参考にしよう!

革蛸は財布の種類もカラーも豊富で、
どの財布を選ぶかかなり迷われるかと思います。
そこで、まずは人気のある2つのモデルから
検討していくことをオススメします。
その人気のモデルとは、
【台形ロングワレット】
【台形ラウンドジップワレット】
の二つです。

WS000066 WS000067
台形ロングワレット 月夜 手縫い 台形ラウンドジッパーワレット 匠

このふたつの形の財布にも、
ミシン縫いとハンドソーイング(手縫い)があるのですが、
やはり手縫いの方が人気があります。
メンズ財布選びで革蛸というブランドにたどり着く方々は、
革小物に対するこだわりが強く、
イイモノにはお金を惜しまない傾向があるようです。
それでは、
この人気の二つのモデルについて詳しく見て行きたいと思います。

▶台形ラウンドジッパー

WS000075 WS000074
匠 台形ラウンドワレット(手縫い) 台形ラウンドワレット(ミシン縫い)

近年、ラウンドシッパー型の長財布は多くのブランドで
一番の売れ筋商品となっています。
革蛸においてもその流行は例外ではなく、
このラウンドジッパー型が新定番として確立されつつあります。

先ほども記述しましたが、この台形ラウンドジッパー長財布も
「手縫い」と「ミシン縫い」があります。
中身の作りは同じなのですが、
縫い目を見比べると雰囲気の違いが分かります。

WS000081

手縫いの方が無骨な男らしさを感じられると思います。
ちなみに、
「革蛸謹製 匠」シリーズがハンドソーイングで、
「革蛸謹製」だけの表示がミシン縫いです。
糸の縫い方でもだいたいお分かりになると思いますが、
一応手縫いかミシン縫いかの目印として参考にしてくださいネ。

ミシン縫いのシリーズはコチラ


PR

・【台形ロングワレット】

WS000068

このタイプは、革蛸発祥当時から販売している財布で、
現在まで改良を重ねてきているモデルです。
左側の写真の財布がセカンドモデルでカード入れが多めにつくられており、
最近何かと増えがちなカード類を収納してくれます。
そして、右側がオールドモデルと呼ばれるモデルで、
ポケットが少なめのシンプルな作りになっています。WS000070

そして、最近では
右画像のサードモデルが発売され、
さらに機能性がアップしたと
革蛸公式が公表しています。
セカンドタイプとの違いは、
上側のポケットがオールドタイプ化し、
下側のポケットを一新しています。
たしかに、セカンドタイプより使いやすそうな財布に
進化しているような印象を受けます。
「どのバージョンにするか?」は悩みどころですが、
今のところ上画像左側のセカンドタイプが一番人気のようです。

さて、革蛸のシンボルとも言えるこの財布は、
使用初めに【儀式】と呼ばれる行為を行います。
(※他のモデルでも儀式ができる財布もあります。)

このように、開いた状態で届いた財布を【折り曲げる】ことで
あなたが革蛸オーナーになったという実感を与えてくれます。
この儀式は初心者の方でもできるそうなので、
変な型が付くかも・・・?といった心配は不要のようです。
ちなみに、しっかりと折り目がついて開かなくなるまで WS000073
3ヶ月~4ヶ月かかることも
結構あるとか・・・。
と言っても、右画像の海賊旗よりは
折れやすいと思います。笑
この分厚くて硬い革を見ると、革蛸の財布が剛健と言われる理由が分かります。
ちなみに、
購入者した方の中には重たいものの下に挟んで
折り目を安定させてから使う人が多いみたいです。
あなたが儀式を行った後のために、
何か重たい雑誌などを用意していおくといいでしょう。

関連記事⇒革蛸の財布選び「Q&A」

オススメ財布探しメニュ-